ようこそ!日本中医学会HPへ!
トップページ > 各種症例紹介 > 1日1~3回の意識消失伴う転倒発作  80才女性
各種症例紹介
1日1~3回の意識消失伴う転倒発作  80才女性

平成14年10月25日悩みごとが発生し,その夜から左偏頭痛激しく、回転性めまい、吐き気、口渇、尿不利があり、エキス剤内服し10日で治癒。

平成15年1月中旬に感情が昂ぶり、家の中でも、買い物中にでも、場所を選ばず、突然意識無くなりバタンと転倒するようになり、脳外科で精査するもラクネ梗塞以外異常なしと言われたが、怖いので治してほしい。自分の思うようにならないと激情する人。

中医学的考察

めまいでもふらつく程度なら虚証が多く、激しい回転性のものは、風・熱・痰・痰熱・水飲・気滞など実邪が多いが、気虚・陰虚内熱・陽虚浮陽もある。しかし今はめまいない。意識消失発作は心臓に影響して心竅(脳)を蒙蔽(閉塞)させることによって起きるが、原因は、喘息の痰邪か、肝陽上亢で気血が心まで上昇して起こすかが考えられる。普段は110/56であるが、肝陰虚➞怒りで(肝陽上亢)で、血圧170/90になる。ラクネ梗塞や肩こりは瘀血と考える。

治療と結果

平成15年4月8日
エキス剤服用で1ヵ月後、治りましたと喜んでいる。腹を立てたりカッカしないように指導する。その後1年経ち、喘息や花粉症は楽になり、血圧も安定している。

ページトップへ