ようこそ!日本中医学会HPへ!
トップページ > 各種症例紹介 > 耳管開放症・耳鳴り・難聴・便秘 28才 女性
各種症例紹介
耳管開放症・耳鳴り・難聴・便秘 28才 女性

2年前にひどい耳鳴りと難聴になる(左耳が右耳より悪く、右は大きい音を感じ、左耳は左から右へ音が抜けていく感じがする)。ふわーっとゆれるめまいがして座るとすぐ治る。耳鼻科受診をしたところ自律神経失調症と診断。2年2ヶ月の間安定剤を処方されるが改善せず、逆にその薬でだるくて仕事がしにくくなっていた。昨年末に再びひどい耳鳴りと自分の声が頭に響くようになり耳管開放症と診断された。

今年7月から耳鳴りと空気が抜けるような感じと、自分の声が頭に響くこと、めまい、動悸がある。生活相談員なので、会社では自分の思いを抑えて相手に気遣って話をし、頑張っていた。人から何か嫌なことを言われると1日か2日して腹が立つほど、頭の回転が遅い。8月中旬から休職すると、耳鳴りも楽になるが、緊張や出社で悪化。H23年9月26日紹介され来院。

中医学的問診

冷え性で手足が冷える、頭重感、耳鳴りは疲れるとよく聞こえる、耳閉感、肩背中がよく凝る、足がむくむ、痰がきれにくい、黄色痰、食欲正常、空腹時胃痛あり、便通2,3日に1回でころころ便、皮膚乾燥、動悸、朝に思い出せるほどリアルで悩むような夢が多い、ビールは1杯/日、月経は28日~30日だが体調が悪いと14日になる、月経痛(下腹部)がある。舌淡紅 苔薄 脈弦弱。

針治療
処方 煎じ薬 

H23.10.3
前回来院した直後から前向きになり調子よい。3日前に職場に行くと耳鳴り・動悸・頭痛が行っている間の3時間強かった。耳の空気がぬけて声が響くなどの症状は軽減。夜はよく寝られている。

処方 煎じ薬、
針治療

H23.10.11
この1週間は耳管開放症の症状は全くない。

処方 煎じ薬、 
針治療

ページトップへ