ようこそ!日本中医学会HPへ!
トップページ > 各種症例紹介 > 耳管開放症 69才 女性
各種症例紹介
耳管開放症 69才 女性

もともと両耳鳴りがあった。パソコンを扱い急になった。H23年10月3日夜から音、声、話す声が響き、10月5日に「耳管開放症」と診断。冷え性、手足が冷える、首から上に汗をかく、便通1回 食欲正常、皮膚乾燥。気虚力弱型、益気昇陽・通竅開閉

処方  煎じ薬  14日分 
針治療

2週間後 お蔭で耳の響くのは治まりました。

処方 煎じ薬  14日分

ページトップへ