ようこそ!日本中医学会HPへ!
トップページ > 各種症例紹介 > 慢性疲労症候群 15歳男性
各種症例紹介
慢性疲労症候群 15歳男性

高校1年生。中学時代クラブの先生と合わずやめた。小学校時代から空手をして元気。

H24年4月、私立高校へ入学して地下鉄に1時間乗る。途中、めまい、頭痛で眼前黄色くなり倒れる。6月中旬より朝が起きられず、頭痛、立ちくらみ、腹痛、嘔気がし、夕方から夜には頭痛があっても朝より活動ができる。

H24年9月は、車の往復で授業の1~3時限は出席。

H24年10月30日より全く通学できず、紹介されてH24年11月13日来院。

中医学的問診と治療

いつも悪夢、不眠、体のこり、食欲はあまりない。疲れやすい、足腰弱い、少し食べて腹がいっぱいになる。脂こいものはもたれる。便通1回、足がかなり冷える。

処方  煎じ薬  7日分
鍼治療

11.13 外来から帰宅後、夜までズキズキする頭痛がひどく続く。食欲ほとんどなし。

11.14 拍動性頭痛で、昼になっても起きるのは体がだるくて起きられず15 時まで寝る。

11.15 朝11時に起きあがれる。

11.19 9時に起きれ頭痛は軽かった。学校へ行けたが、集中力なく気分悪くなり1時間目で帰った。夕方は1時間散歩できた。

11.20 再診。鍼治療。処方:黄芪60gへ。

11.27 ずっと朝8時起床し朝食もとるが通学せず。

ページトップへ